銀行カードローン 即日

キャッシングの利用について

即日審査

実家暮らしをしていた時は、何か急な入用でお金が必要になったとき、親・兄弟など相談できる人が身近にいました。しかし、社会人になって地元を離れ一人暮らしを始めてからは、友人はいるもののお金について気軽に頼れる相手はいなくなりました。

 

さらに悪いことには社会にでるとわかりますが、不意な出費は結構あり増えます。そういったときにキャッシングはとても役に立ちます。

 

はじめは怖いイメージで利用するのに尻込みしましたが、借りる時点でいくらをいつ、どうやって返すかをしっかり考えることで不安を取り除くことができます。よくTVCMなどで「ご利用は計画的に」とうたっていますが、まさにその通りだと感じています。きちんと返す計画をたてて一時的に借りる、そんな利用がおすすめです。

 

キャッシングできる自動契約機のある場所ガイド
http://cashinglabo.info/guide/

キャッシングの審査の内容について

実はキャッシングをするときに審査をされるわけですが、その具体的な内容というのは公開されていないです。つまりは、何が評価されて、今現在の自分の金融信用情報はどのような評価になったのか、というのがわからないわけです。

 

しかしながら、とても大変なことではありますが、調べることができる要素も実はあります。要するに自分で考えて見ればよいのです。今までどこからお金を借りて、どの程度残っており、或いは完済しているのか、ということです。

 

目的ローンほどではありませんが、職業なども評価されるポイントです。内容は不明なのですがどこが評価されているのか、というのは見当がつけられるようになっています。それが収入、現在の借金、職業などです。この三つの要素が基本となり後は細かく違いがある時もあります。基本的にはこの要素をよく理解しておけばキャッシングをしようとする時の審査で見当をつけることができるようになるでしょう。

 

金融サービスの中でも最もハードルが低いのがキャッシングです。使い道は自由ですし、非常に借りやすいのは確かです。金利も高目ではありますが、それでも歴史的に見れば右肩下がりです。上手く活用して、約に立てましょう。

キャッシング審査の各社の違いは、、、

キャッシングの審査でここは通って、ここは落ちたというのがあります。同じ信用情報を使っているのに、何故ここまで差が出るのかを解説していきます。

 

 

1.保証会社が違う

 

全ての銀行系カードローンは保証会社をつけています。消費者金融大手のアコム、プロミスは何社も保証会社契約を結んでいる様ですが、楽天銀行カードローンの保証会社は楽天カードKCの様なグループ会社の専用保証会社を作っている例もあります。審査は保証会社が行いますので、他に顧客がいない保証会社の審査は当然甘くなる事が予想されます。

 

 

2.総量規制は超えれない

 

総量規制は貸金業法の規制ですから、破ると資格取り消し等のペナルティが発生します。総量規制は消費者金融だけの規制ですので、銀行系カードローンは関係ありません。総量規制一杯でも、他に信用記録が無ければ銀行系カードローンに申込むと貸してくれるかもしれません。

 

 

3.遅延情報の扱いが違う

 

遅延情報とは個人信用情報会社CISで言うと入金状況にAマークが記される事を言います。これは支払いが1日でも遅れれば登録する業者もいますが、社内締め処理日迄待ってくれる業者もいます。一般的にAマークが2つ以上あると、審査落ちさせる社内ルールを持つ業者が多数いますが、中には寛容な業者もいる様です。当然、他で審査落ちしても通る可能性があります。

 

 

いかがでしたか。各社の違いを把握して、自分に有利な会社を選んでください。