消費者金融の審査

消費者金融を利用する時には必ず審査を受けますが、ここではどのような要素が重要視されるのでしょうか。

 

審査ではまず最初にその人の信用情報をチェックします。この信用情報には現在のクレジット、キャッシングの利用状況が全て記録されており、どれかで延滞中のようなことがあるとすぐにそれが分かります。もちろんそのような場合は審査に合格するのは難しいと言わざるを得ません

 

また、消費者金融には総量規制という規定が適用されます。総量規制では年収の1/3を借りられる上限と定めており、これも信用情報によってチェックできます。他社を利用中の場合もそれが分かるので、総量規制までどれくらい余裕があるかのチェックが行われます。

 

信用情報には特に問題がないと分かると、次に年収や勤務先、勤続年数です。年収は多ければ多いほど審査を通りやすいのは言うまでもなく、勤務先や勤続年数はその収入の安定性の確認になります。

 

そして、居住実態や同居家族の構成なども審査に影響を与えます。賃貸物件に住んでいる場合は毎月家賃が固定支出として掛かるので、収入よりその分を割り引いて考えなくてはいけません。更に、未婚より既婚者の方が信用できると判断できます。こういった要素も充分審査の対象になるのです。

 

消費者金融の審査はこのような数々の要素を元に行っています。どれが重一番要ということもなく、全てにおいて合格点を満たす必要があると考えてください。ですが、例えどこかで物足りない部分があったとしても、他の要素でそれをカバーできれば合格できることも多いので、まず申込みを行ってみましょう。