銀行カードローン 即日

総量規制対象外という言葉を、消費者金融などでお金を借りるときに聞いたいことがある方はおられるのではないでしょうか。対象外という言葉がついているということは、当然「総量規制」という言葉も存在します。「総量規制」とは貸金業法に定められた法律で、年収の1/3以上の借り入れを消費者金融業者は行ってはいけないという法律です。

 

消費者金融の各社の金利が現状よりも高い時期に、お金を払えないことでのトラブルを抱える人がたくさん出て社会問題となったために制定された法律です。そのため消費者金融から一定の金額以上を借りたい場合は、収入証明書の提出が必要になり、同時に他の金融機関から借り入れをしていないかの確認があり、仮に既に借り入れが年収の1/3を超えている場合は貸付を行うことができません。

 

そうなると「総量量規制対象外」とはどういった意味があるのでしょうか。キャッシングのサービスを提供している会社は大きく、銀行系のカードローン会社と消費者金融に分けられます。消費者金融は「貸金業法」にのっとってサービスを行いますが、銀行系のカードローン会社は「銀行法」にのっとってサービスを行います。

 

つまり、銀行系のカードローン会社でキャッシングを行えば総量規制の対象外となり、年収の1/3以上の金額を借り入れることも可能になります。