銀行カードローン 即日

おまとめローンは複数の借金を一本化できたり、より金利の低いローンに組み替えることができるサービスなので借金をしている側にとっては嬉しいものなんですが、おまとめローンを提供する金融機関としてはかなり厳しい審査を設けています。

 

その理由をいくつかみていって、同時になぜ審査が厳しいのかというところもみていきましょう。

 

 

 

まず、あまりに多くの金融機関から借りている人は審査に落ちやすいです。

 

おまとめローンを提供する側としては複数の借金を一本化して自分の所で返して貰えれば利益はでるので受け入れたいのは山々なんですが、ちゃんと返してもらわなければ困ります。

 

そこで判断基準を厳しくしていて、3社から4社以上から同時に借りている人を厳しい目で見るというわけです。

 

おまとめローンという名前に反する判断だと思われるでしょうが、金融機関も出来るだけ先が読めない危険な相手を避けたいという思惑はあります。

 

 

 

次に、勤務年数が少ない人にも厳しいです。

 

5年や10年といった年数同じ会社に勤めて安定した収入を得た人は、金融機関が大好きな安定収入のある返済能力に期待ができる人なんですが、勤めだしたばかりの人や会社を転々としている人というのは金融機関からすると返済能力について予断を許さない、安心できない相手ということになり、審査上は厳しい対応をとられやすいです。

 

 

 

信用情報機関に事故情報などが載っている場合はほぼアウトです。

 

債務整理をしたとか借金を踏み倒したとか、返済が遅延したという情報を金融機関は信用情報機関を通じてしっかりと把握しています。

 

これは細かな理由を言うまでもなく、信用出来ない相手なので金融機関としてはサービスを提供しないということです。

 

 

 

他にも審査に響くことはあるんですが、大きく分けるとこの3つが審査に影響を及ぼす大きなポイントだと思っておきましょう。

 

このポイントのいずれかに該当してしまう場合は他の返済手段を講じたり、ポイントに該当しない身になってからおまとめローンの利用を考えた方がいいかもしれません。